SANCHAこころのクリニック(精神科・心療内科)

診療内容

このようなときに
ご相談ください

  • 眠れない、眠りが浅い
  • イライラする、怒りっぽい
  • 感情の起伏が激しい、コントロールができない
  • すぐに不安になる、落ち込む
  • 疲れやすい
  • 人目が気になってたまらない
  • 仕事に行けなくなってしまった
  • 電車に乗ることができない
  • 食欲がない
  • 他人とのかかわり方が分からない
  • もの忘れがひどい
  • 何度も同じことを繰り返してしまう

外来診療

主な症状・症例

うつ病

うつ病は、誰でもかかりうる心の病気です。しかし自分では気が付きにくい上、判断基準も難しいため、ほとんどの方は医療機関を受診しておらず、一人で苦しんでいるケースが多いのです。うつ病を引き起こす原因は一つではなく、様々な要因が複雑に結びついて発症すると言われています。本来人間は、辛いことや嫌なことがあっても自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になることができます。いくら時がたっても「気分が晴れない」「疲れやすくなった」など異変を感じたら、一人で悩まずにご相談ください。

認知症

認知症とは、脳細胞の死滅や機能低下によって認知機能に障がいが起きることです。加齢による細胞の老化とは異なり、何らかの病気によって脳細胞が壊されていきます。そのため高齢者だけでなく、若者でも発症する場合があります。「物忘れ」と混同されがちですが、物忘れは「体験した記憶の一部を忘れる」ことに対し、認知症は「体験したこと自体を忘れる」状態です。認知症が進行すると理解力や判断力が無くなり、日常生活に支障が出るようになります。認知症は不治の病ではありません。もとの病気を治療すると治ることもあります。早期発見・早期治療がとても重要ですので、「おかしいな」と感じたときは、早めにご相談ください。

パニック障害

突然の息苦しさや動悸・発汗などの症状が、発作的に出てくる病気です。そしてこれらの症状が繰り返されるうちに、「発作に対する恐怖心」が生じ、日常生活の行動範囲が制限されるようになってしまいます。最初の発作が起きるきっかけは、過労やストレスなどと考えられています。薬物療法と心理学的な治療を併用しながら、心と身体のケアを行っていきます。

睡眠障害

睡眠には、「記憶の定着」「免疫機能の強化」「身体機能の回復」といった重要な役割があります。眠れない日が長く続くと、精神状態を保つことができなくなったり、疲れやすくなったりと、日々の活動や健康に支障をきたしてしまいます。また「朝起きられない」「寝ても寝ても眠い」といった症状も、睡眠障害の一つとされています。睡眠や身体の異変が1ヶ月以上続くときは、私たちにご相談ください。

統合失調症

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。「不治の病」といったイメージをお持ちの方も多いようですが、適切なケア・治療を行うことで、多くの方は回復しています。また、早期発見や早期治療が非常に大切となります。ご本人はもちろん、家族の協力のをいただきながら、症状に合わせて薬物療法・心理学的な治療・入院治療を行っていきます。

摂食障害

摂食障害とは、食べ物を受け付けることができなくなる「拒食症」、反対に大量に食べ続けてしまう「過食症」があります。患者の9割近くは女性で、こうした背景には、「自分は太っていて醜い」という心理的背景や、痩せていることが美しいという社会的価値観が影響しています。摂食障害は、拒食から過食へ、過食から拒食へと繰り返されることも珍しくありません。摂食障害は生死にかかわる病気です。やはり早期発見・早期治療がとても重要とされています。

大人の発達障害

「悪気はないのに相手を怒らせてしまう」「空気が読めないと言われる」など、生きづらさを感じている方が多くいます。努力や心掛けでは解決することができず、日常生活に支障をきたしている状態があれば、発達障害の疑いもあります。代表的な疾患として大きく3つに分けることができ、「自閉スペクトラム症(ASD)」「注意欠如・多動症(ADHD)」「学習障害(LD)」などと呼ばれています。「もしかして私って発達障害かも?」と悩みや不安がある方はお気軽にご相談ください。

その他

当クリニックは、診療対象とする精神疾患は限定しておりません。双極性障害(躁うつ病)、強迫性障害、社交不安障害、適応障害、過敏性腸症候群、身体表現性障害、アルコール依存、病的賭博など、心のケアが必要と思われる症状がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。外来での診療が難しい場合には、入院治療またはほかの医療機関へのご紹介なども行っております。

医療費の目安
(3割負担の方)

初診時:3,300円前後 
再診時:1,500円前後

血液検査を行った場合は、別途数千円費用がかかる場合があります。
お薬が処方された場合は、薬局でお薬代がかかります。

心理検査・カウンセリング

カウンセリングでは、今抱えているお困りごとを整理し、カウンセラーと一緒に、改善方法を考えていきます。

また心理検査では、ご自身の得意・不得意を整理することで、生活の中でのお困りごとを解決する方法を身につけていきます。まずはお気軽にご相談下さい。

家族相談・ソーシャルワーク面談

家族相談 30分5,000円(税別) 60分10,000円(税別)
担当:医師及び精神保健福祉士

当院ではご本人を受診させるか悩んでいる、ひきこもっていて悩んでいる等、ご家族の事でお悩みの方々のご相談をお受け致しております。解決に向けた糸口を専門家と一緒に考えていきます。問題を整理し、受診の必要性、こころの病気の可能性を含め、家族相談の中で見極めていきます。

ソーシャルワーク面談(通院中の方) 10~15分 2回目まで無料 3回目から1,200円(税別) 
担当:精神保健福祉士
サービス・制度のご利用を検討されている方や生活、就労、人間関係等でお悩みの方のご相談をお受け致しております。

訪問診療・訪問看護

こころの病気を持つ方で通院が難しい場合、医師が定期的にご自宅や施設などへ伺って
診療いたします。

ご本人様はもちろん、そのご家族の困っていることやお悩みに対して相談乗ったり、服薬管理の支援を行ったりしながら、心と身体のケアを行います。

訪問可能なエリア

三軒茶屋を中心に、半径5km圏内

※5kmを超える場合も、まずはお問合せください

アウトリーチサービス

アウトリーチサービスとは「さまざまな形で、必要な人に必要なサービスと情報を届けること」です。 精神に障害や病気をかかえながら生活している方々が、家庭や地域社会で安心・安全な生活を過ごせるよう、アウトリーチサービスを行います。

例えば、「働く」目標があって様々な福祉サービスから選択する中で、「どこが自分に向いているのだろうか?」と悩んでいるとき。あなたに最適な就労支援サービスへお繋ぎ致します。うつ病などにより休職と復職を繰り返しているとき。 生活リズムの改善やストレスのコントロール、治療だけではなく予防からリハビリテーション、社会参加までおひとりおひとりにあわせた、オーダーメイドのサポートをしていきます。

就労支援サービスとは?

就労移行支援:一般企業への就職することを希望する方を対象に就職するために必要なスキルを身につけることができる場所です。

就労継続支援A・B型:現時点で一般企業への就職に不安がある方を対象に、ご自身のスキルに合わせて働くことができる場所です。

オンライン診療

当院は、オンライン診療実施医療機関となっております。 オンライン診療をご利用頂くことにより、来院することなく患者様の御都合が宜しい時間帯で対面での診療が可能となり処方箋も交付できますので薬物療法の継続が可能となっております。オンライン診療の一番の利点としては、不測の事態においても、即座に医療機関として患者様の病状の改善や安定のために治療継続のご提供ができることです。

〒154-0004
東京都世田谷区太子堂2-14-3
シャルムイシクラ4F

TEL:03-5431-0258
FAX:03-5787-6713
[診療時間]
平日
9:30~13:00
/14:00~19:00
土曜
9:00~12:00
/13:00~18:00
[休診日] 日・祝日

初診のご予約はコチラから