自立支援医療ついて🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

🌸自立支援医療とは                            

心の病気は、しっかり治療していくために継続して通院する必要があります。

心療内科、精神科は他の科と比べ、治療にはある程度の期間がかかり、医療費は経済的にも精神的にも負担が掛かります。そういった不安を少しでも軽減し、安心して治療に臨めるように、医療費の自己負担を軽減する公的な制度が自立支援医療です。          

厚生労働省より、【精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症などの精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する者】とありますが、原則すべての精神疾患を対象に、通院による継続的な治療が必要な方が申請・利用できる制度です。

自治体で定められた「指定医療機関」となっている医療機関や薬局でのみ制度の適用が受けられるようになります。

🌸自立支援医療のメリット

医療機関や薬局での支払いは保険証を使い、通常3割の自己負担が発生しますが、この制度を使うと、自己負担が1割に軽減されます。さらに世帯所得(納税額)による区分が設けられており、所得が一定未満の方に対しては、自己負担上限額が定められます。

また統合失調症、双極性障害、反復性うつ病、てんかん、認知症などの診断がついた場合は「重度かつ継続」という判断基準になり、年収に関係なく上限額が設定されます。

上限額は①2,500円②5,000円③10,000円④20,000円です。上限額詳細は下記URLの厚生労働省障害福祉をご確認ください。(https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsushienhou04/

この自立支援医療は医師の指示のもと導入される精神科訪問看護や精神科デイケアなどのサービスの利用料にも適用されるため、サービスをご利用の方は自立支援医療申請をお勧めしております。

当院で行っている訪問診療や精神科訪問看護にも適用されるため、サービス利用時には自立支援医療をご案内させて頂いております。

🌸自立支援医療申請には

自立支援医療申請には、主治医の診断書と必要書類を役所の担当窓口(障害福祉課、障害支援課)に提出していただきます。

診断書は担当窓口でもらうか、医療機関によっては書式を用意していることがあります。

診断書の料金は医療機関によって様々ですが、5,000円前後で設定されているところが多いです。診断書の作成には、病名、病歴、現在の病状、投薬、治療内容、今後の治療方針など、記載する内容が多く、何度か通院を継続していただいてからの作成が一般的です。

申請のタイミングは、主治医にご相談を下さい。また当日に診断書を書き上げることが難しくなっておりますので、仕上がり日時も主治医へ依頼時にご確認下さい。

必要書類は役所の担当窓口で案内がありますが、下記の通りとなります。

①保険証の写し

②身元が確認できる書類

→運転免許所、個人番号、パスポート、精神障がい者福祉手帳など

③印鑑 

→シャチハタ厳禁

④マイナンバー個人番号

⑤世帯の市民税額を証明できるもの

⑥課税証明書

→引っ越しなどで1年以内に住民票の変更があった場合に必要になることがあります

⑦登録したい医療機関と薬局の名称と所在地の情報

→診察券や薬局の袋などでも可能です

🌸申請の流れ

  • 主治医に申請が可能か確認を取る
  • 担当窓口で制度の詳細の説明を受け、必要書類を受け取る。
  • 主治医に自立支援医療診断書を依頼

④診断書と必要書類が準備できたら、窓口へ提出

※受給者発行まで1~2か月かかりますが、発行までは控えで適応を受けることができますので、事前に登録先の医療機関や薬局にご確認ください。

🌸自立支援医療の更新について

自立支援医療には有効期限があります。

1年に1回の更新となりますが、診断書の提出は2年に1回となります。

受給者証には次回の更新時に診断書が必要かどうかの記載もあります。

更新は有効期限の3ヶ月前から可能となっております。余裕をもって主治医に診断書の依頼をしておきましょう。

更新以外に手続きが発生する事項

・氏名の変更

・住所の変更

・健康保険の変更

・登録医療機関や薬局の変更

当院は自立支援医療の指定医療機関となっております。

制度について、ご不明な点や何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

五月病について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

🌸5月病ついて   

4月は進学・就職・引っ越しなど環境の変化が一番多い時期です。お仕事をされている方は新入社員研修が行われたり、異動や役職の変化などにより、人間関係の悩みなども新たに生まれやすい時期です。

人は環境の変化によりストレスを抱えやすく、この時期は知らず知らずのうちに身体も心も疲弊している可能性があります。そのような時期を頑張って乗り越え、迎えた5月の連休。少し疲れを癒すことができる一方で、頑張っていた糸が切れたかのように、身体のダルさ、やる気の低下、憂うつ感、眠れないなどの症状が出ることがあります。皆様の中にも、一度は経験された方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今年は新型コロナウイルスという誰もが経験したことのない状況で、学生は自宅学習やオンライン授業。お仕事をされている方は在宅勤務や自粛により仕事ができず不安な気持ちを抱えて待機されていた方もおられます。お子さまがいらっしゃる家庭では子供の対応に追われたりと例年よりも、身体も心も疲れが蓄積されているかと思います。

5月病は症状として現れるのが、1~2か月遅れることもあり、「6月病」と表現されることもあります。今年はコロナの情勢もあり、これから体調の変化が起きやすくなるかもしれません。

「5月病」は正式な病名ではなく、医療機関を受診すると「適応障害」「自律神経失調症」「うつ病」や「抑うつ状態」等といった病名や病状で診断をされることがあります。

~このような症状はありませんか?~

(精神面)

・気持ちが沈む、憂うつ

・何をするのにも元気が出ない

・イライラする、怒りっぽい

・理由もないのに、不安な気持ちになる

・気持ちが落ち着かない

・何も⾷べたくない、⾷事がおいしくない

・なかなか寝つけない、熟睡できない

・夜中に何度も⽬が覚める

(身体面)

・体がだるい、重い、疲れがとれない

・⼼臓がどきどきする、息苦しい、めまいがする

・頭が痛い、ずっしり重く感じる、ズキズキ痛む

(⽣活・行動面)

・服装の乱れ、昼夜逆転している、⽣活が不規則

・ミスが増える、ぼんやりしている、遅刻が増える

・外出したくない、⼈に会いたくない

5月病の予防には規則正しい生活や運動、リフレッシュなどが必要です。

それでも、上記症状に思い当たり改善に乏しい方は一度心療内科や精神科への受診をご検討ください。

症状を早期に改善することが、良好な予後につながりますのでお気軽にご相談ください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

傷病手当金について~心の不調を抱えてお仕事をされている方~🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

🌸傷病手当金とは

病気やケガの療養のため、しばらくの間仕事を休まなければならないことがあります。特に心の病気は、しっかり治療していくためには継続した通院と、病状によっては休息が必要となることがあります。仕事を休んでしまうと生活面が心配で療養に専念ができないという方も少なくありありません。そのような際に利用することができるが、「傷病手当金」です。

会社が加入している健康保険の被保険者であれば、正社員の方を始め、アルバイト、パート、派遣社員の方も対象となります。

傷病手当金は、病気やケガで休職中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、会社から十分な給与が受けられない場合に支給されます。

期間は最長で1年半で、健康保険などの制度で使われている基準で、毎月の給与などの額を一定の幅で区分した「標準報酬月額」をもとに計算されます。支給金額は大まかに計算すると給与の2/3程度です。

会社を休んでいるのに、会社からお金をもらうのが後ろめたいと誤解している方もいますが、傷病手当金は会社から支給されるのではなく、健康保険から支給されます。健康保険は医療費の補助だけではなく、傷病手当金のような保障もあるのです。

🌸傷病手当金条件とは

①会社が加入している健康保険の被保険者であること

②業務外の病気やケガで仕事ができない状態であると医師の診断があること

「今まで担当していた仕事ができない状態である」との医師の意見をもとに健康保険が審査を行います。業務上や通勤中による病気やケガは労災保険の適応になりますので、支給対象外となります。

③連続する3日間を含み、4日以上仕事を休んでいる

傷病手当は仕事を3日間連続して休んだ後の4日目以降の休んだ日から傷病手当金の支給が開始されます。この3日間の待期には土日や祝日、有給期間も含まれるため、待期の期間中に給与が発生しても問題がありません。

(画像:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139/全国健康保険協会 協会けんぽより)

④勤務先から給与の支払いがないこと

勤務先から給与が発生している場合は傷病手当金を受給することができません。ただ給与の支払いが傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額を支給されることがあります。

🌸傷病手当金の支給期間について

同一の傷病であれば、最長1年6か月傷病手当金を受給することができます。

例えば、3か月の休職を経て、復帰し3か月間勤務後、同一の傷病で病状がぶり返してしまった場合、再び傷病手当金を受給することができます。ただし開始から1年6か月となるため、残りの受給期間は1年間となります。別の傷病で労務不能となった場合は、以前の傷病との関連性がないと健康保険で判断されれば、期間を超えたあとも再び受給ができるようになります。

よくある質問として休職ののち、退職になってしまった場合は支給が止まってしまうかどうかの質問を受けますが、退職後も条件を満たしていれば傷病手当金の支給を受けることができます。

(退職後の受給条件)

・退職日までに継続して1年以上の被保険者であること

継続して1年以上となるため、1日でもブランクがあると対象外となります。ブランクがなければ会社が変わっていても適応となります。

・退職日に傷病手当金の受給資格者であったこと

注意点としては、退職日に出勤をしてしまうと傷病手当金が受給できません。引継ぎなどがある場合は会社と相談し、出勤扱いにならないようにしましょう。

また退職したのち、しばらくしてから傷病手当金の申請の相談を受けることがございますが、受給対象外となります。また健康保険の任意継続をされた方で保険証を退職後も継続して持っている方でも受給資格はありませんのでご注意ください。

※傷病手当金は、1年以上会社に在籍・被保険者でないと受給資格がないと勘違いをされている方も多いですが、1年という数字は退職後の受給資格が発生しない期間であり、休職中であれば問題なく傷病手当金を利用することができます。

🌸傷病手当金の申請について

申請には傷病手当金支給申請書の提出が必要です。傷病手当金支給申請書は「本人」「勤務先」「医師」が記載する欄がございます。申請書は協会けんぽの方はHPからダウンロードが可能ですが、健康保険組会であれば職場で書式が用意されていることがありますので、確認をしてみて下さい。

🌸傷病手当金申請にあたり期間の証明

傷病手当金で、医師が労務不能と判断できるのが、初診日以降となります。つまり休職期間があっても受診をしていない期間は証明ができないため、傷病手当金の支給開始が初診日以降となってしまいます。

その事実を知っている患者さんはほとんどいないため「もっと早くに相談に来ていれば良かった」とおっしゃられる方も多いです。また心療内科では、早期治療により症状増悪を防ぐことにより、休職せずに病状の改善も見込まれますので、まずはお気軽にご相談下さい。

傷病手当は数か月分まとめて申請することも可能ですが、給与の変わりとなるため、毎月申請をされる方が多いです。受給要件としては、最低でも月1度の受診がないと、その月の傷病手当金を受給ができない可能性がございます。また申請は月区切りになっていますので、4月分の申請をしたい場合は4月を終えて、5月の最初の受診時に4月分の傷病手当金の申請を医師に依頼する流れとなります。

申請から振り込みまでは3~4週間程度になっております。

🌸傷病手当金の文書料金は

診断書などの書類は原則自費になっていますが、傷病手当金の診断書は健康保険の適応となります。

傷病手当金意見書交付料:100点であり、皆様の自己負担額は300円となります。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

GW中の休診について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

当院ではGWは暦通り、日・祝日の5/3~5/6を休診とさせて頂いております。
5/7からは通常通りの診療時間となります。

GW期間中に頂いたメールは、5/7から順次ご返信となります。電話は不通となりますのでご了承ください。

何卒よろしくお願いいたします。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

新型コロナウイルス・オンライン診療について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

【新型コロナウイルスについて】

恐れ入りますが、当院では新型コロナウイルスの検査・診断を行っておりません。
下記に該当する患者様は、相談窓口をご利用の上、適切な医療機関を受診くださいますようお願い申し上げます。
・感染が疑われる症状がある方(37.5℃以上の発熱が続いている、咳が止まらない、強い倦怠感)
・新型コロナウイルスに罹患した人と接触した可能性がある方
・新型コロナウイルスが流行している国より帰国後、14日以内の方

【オンライン診療について 】

当院では、新型コロナウイルスの対策の一環として、オンライン診療を行っております。
心療内科におけるうつ状態等の治療では、病状の安定や改善を図るために治療を継続することがとても重要です。
オンライン診療をご利用頂くことにより、ご来院することなく患者様の御都合が宜しい時間帯で対面での診療が可能となり処方箋も交付できますので薬物療法の継続や調整が可能となっております。
尚、初診でのオンライン診療では、向精神薬の処方が規制上不可となっております。※初診でのオンライン診療のご希望の方は、お気軽に電話にてお問い合わせ下さい。
対面受診後の、再診でのオンライン診療では、お薬の処方継続や調整(向精神薬の処方)が可能となっております。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

就労継続支援事業について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

【就労継続支援B型】

就労継続支援B型は「障がい者総合支援法」に定められた就労支援事業所です。障害や難病により雇用契約に基づく就労が困難である者に対して、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービスです。就労継続支援B型事業所は2019年時点で全国に1万1835事業所あり、ご利用されている方は29万7259人です(※①厚生労働省の社会福祉施設等調査)。

利用にあたり年齢制限や利用期限はございません。利用料は、事業所に通所する日数と世帯(本人と配偶者)の収入状況によって変わります。世帯収入による月額の負担上限が決まっていて、負担の少ない料金で利用されている方も少なくありません。障害者手帳を持っていない方も医師の診断や自治体の判断によって利用することができます。

就労継続支援B型では作業に応じて対価(工賃)が支払われます。就労継続支援 A型との違いは雇用契約を結ばないことです。就労継続支援B型での平均工賃(賃金)は月額16,118 円で時給214円と毎年増加傾向にあります。(※②厚生労働省の調査)

就労継続支援B型での作業は、内職のような軽作業、清掃作業、自主製品作成、カフェなど作業があり、事業所ごとに特色があります。目的も就労のステップ、社会参加、仲間や居場所作りなど様々ですが、作業がメインの事業所となります。

【就労継続支援A型】

就労継続支援A型は「障がい者総合支援法」に定められた就労支援事業所です。障害や難病により企業に結びつかなかった方に、雇用契約に基づき働く場所を提供する事業所です。継続的な就業が可能な18歳から65歳未満の方で、就労移行支援事業所や特別支援学校などで訓練をしたが、就職に結びつかなかった方が対象です。

就労継続支援A型事業所は2019年時点で全国に3,839事業所、利用者は8万5,428人です(※①厚生労働省の社会福祉施設等調査)。

利用料は、事業所に通所する日数と世帯(本人と配偶者)の収入状況によって変わります。世帯収入による月額の負担上限が決まっていて、負担の少ない料金で利用されている方も少なくありません。障害者手帳を持っていない方も医師の診断や自治体の判断によって利用することができます。

就労継続支援A型での作業は、喫茶やパン屋などでのホールや製造仕事、パソコンなどにより事務仕事、企業や施設などの清掃仕事など事業所ごとに特色があり、仕事内容も様々です。利用目的としては、働く場として長期間の勤務を続けられる方、ステップアップとしての利用後、一般就労や障がい者雇用にチャレンジされる方もいます。

就労継続A型の平均工賃(賃金)は月額76,887円 時給846円です(※②厚生労働省の調査)。

事業所によっては、雇用契約を結んでの仕事になるため、通所日数や労働時間などの最低ラインが設定されており、勤務が可能かどうか見極めをしっかり行っております。詳細はご希望される事業所や最寄りの障害福祉課、市区町村までご確認ください。

※①厚生労働省の社会福祉施設等調査の概況(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/fukushi/18/index.html)

※②厚生労働省 平成30年度工賃(賃金)の実績について(https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/000571834.pdf)

SANCHAこころのクリニックでは皆様の就労や社会参加を応援しております。

就労継続支援の相談も受けることができます。また、皆様のサービスのご利用にはご本人様、ご家族様、事業所、医療、行政との連携が必要になってきます。サービス利用後も事業所との連携に力を入れており、ご本人様のご希望があれば、支援者の方の通院同行や医療面でのご相談など専属の精神保健福祉士が窓口となり、ご対応をさせて頂きます。ご本人様、関係機関の方々がお気軽にご相談できる医療機関を目指しております。

関係機関の皆様と一緒にご本人様の希望する生活を応援して参ります。

治療段階から社会参加、就労段階まで医療機関の立場から皆様の生活に寄り添いご支援させて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

オンライン診療の初診対応について②🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

4/13より解禁となりました、オンライン診療初診対応につきまして、各種関係機関への確認、調整等を行っておりましたが、厚生労働省保険局医療課より、

【向精神薬の処方をしてはならないこと。】と通達があったため、
当院での初診でのオンライン診療では薬物療法を行うことが不可となります。


一度ご来院頂いた方の再診に関しましては、薬物療法を含め継続してオンライン診療が可能です。

 

 

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

オンライン診療の初診対応について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

緊急事態宣言にて、発表されたオンライン診療の初診対応につきまして、現在当院でも各種関係機関に確認し、準備をすすめております。

詳細が確定次第、お知らせさせていただきます。



三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療



SANCHAこころのクリニックをご利用される皆様へ🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋


うつ状態や心療内科での治療では、病状の安定や改善を図るために、治療を継続することがとても重要です。
昨今、新型コロナウイルスの影響で外出が困難な状況が発生しています。

当院は、オンライン診療実施医療機関となっております。

オンライン診療をご利用頂くことにより、来院することなく患者様の御都合が宜しい時間帯で対面での診療が可能となり処方箋も交付できますので薬物療法の継続が可能となっております。
オンライン診療の一番の利点としては、不測の事態においても、即座に医療機関として患者様の病状の改善や安定のために治療継続のご提供ができることです。
お支払いはアプリにてご登録いただいたクレジットカード決済で簡便となっております。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療

オンライン診療について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋

当院はオンライン診療実施医療機関です。


新型コロナウイルスの影響やご体調不良で通院が難しい場合、SANCHAこころのクリニックでは、PCやスマホ、タブレットで、どこでも診察が受けれるオンライン診療を導入しております。


初診後、二度目の受診から御利用が可能です。
待ち時間ゼロ、処方箋はご自宅へ郵送となります。

詳細は当院HPまたはお電話にてお問い合わせください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療