6月病について🌸SANCHAだより🌸from 三軒茶屋 

🌸6月病とは    

近年、5月病に続いて「6月病」という言葉が広がり始めています。

4月は進学・就職・引っ越しなど環境の変化が一番多い時期です。お仕事をされている方は新入社員研修が行われたり、異動や役職の変化などにより、人間関係の悩みなども新たに生まれやすい時期です。また環境の変化の影響を受けるのはご本人だけではなくご家族も同様です。

人は環境の変化によりストレスを抱えやすく、この時期は知らず知らずのうちに身体も心も疲弊している可能性があります。5月病は、そのような時期を頑張って乗り越え、迎えた5月の連休。少し疲れを癒すことができる一方で、頑張っていた糸が切れたかのように、身体のダルさ、やる気の低下、憂うつ感、眠れないなどの症状が出ることがあり、皆様の中にも、一度は経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

5月病は症状として現れるのが、1~2か月遅れることもあり、「6月病」と表現されることがあります。6月は梅雨の時期の不安定な気候や湿気による不快感、気圧の変化なども合わさり、身体の不調をきたしやすい時期でもあります。

「5月病」や「6月病」は正式な病名ではなく、医療機関を受診すると「適応障害」「自律神経失調症」「うつ病」や「抑うつ状態」等といった病名や病状で診断をされることがあります。

今年は新型コロナウイルスという誰もが経験したことのない状況で、学生は自宅学習やオンライン授業。お仕事をされている方は在宅勤務や自粛により仕事ができず不安な気持ちを抱えて待機されていた方もおられます。お子さまがいらっしゃる家庭では子供の対応に追われたりと例年よりも、身体も心も疲れが蓄積されているかと思います。

5月末には緊急事態宣言が解除され、長い自粛期間やリモート期間を経て、職場や学校の再開があり、身体や心への負担が一層増えることが予測されます。

~このような症状はありませんか?~

(精神面)

・気持ちが沈む、憂うつ

・何をするのにも元気が出ない

・イライラする、怒りっぽい

・理由もないのに、不安な気持ちになる

・気持ちが落ち着かない

・何も⾷べたくない、⾷事がおいしくない

・なかなか寝つけない、熟睡できない

・夜中に何度も⽬が覚める

(身体面)

・体がだるい、重い、疲れがとれない

・⼼臓がどきどきする、息苦しい、めまいがする

・頭が痛い、ずっしり重く感じる、ズキズキ痛む

(⽣活・行動面)

・服装の乱れ、昼夜逆転している、⽣活が不規則

・ミスが増える、ぼんやりしている、遅刻が増える

・外出したくない、⼈に会いたくない

5月病や6月病の予防には規則正しい生活や運動、リフレッシュなどが必要です。

上記症状に思い当たり改善に乏しい方は一度心療内科や精神科への受診をご検討ください。

症状を早期に改善することが、良好な予後につながりますのでお気軽にご相談ください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療