睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に無呼吸(10秒以上呼吸が止まってしまうこと)が一時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。
その原因は肥満、アルコールの飲用、扁桃が大きい、上向きでの睡眠、下あごが小さい、加齢、鼻づまりなどです。
症状は、いびきと無呼吸・低酸素状態で苦しくなると覚醒反応が起こります。
また、起床時の頭重感・日中の眠気などが出てきます。
また、無呼吸症候群は高血圧の危険性は2倍に、頸動脈疾患の危険性が3倍、脳血管障害、心筋梗塞の危険性が4倍と高まります。
症状を感じましたら、医師へご相談ください。

三軒茶屋駅から徒歩1分の心療内科 “SANCHAこころのクリニック”

『誰もが自分らしく、心身共に健康で生きがいをもって暮らせる』ためのお手伝いをしていきます。当日予約受付/東急田園都市線・世田谷線よりアクセス良好/心理検査・カウンセリング/訪問診療